買いもの

この連休で閉じこもってたんだけど、なんとかご飯はまかなえたよ☆

確かにちょっと多めには買っておいたんだけど、よく買い足しに行くことが多いからこなせるとは思わず。

やれば出来るんだなー☆

冷蔵庫の片付けも兼ねれたし♪

ちょっと満足げです♪

これからも気にしてやってみよう☆

節約にもなりそうだし、いい感じ!

お金の運が向いてきてくれれば

昔、折り畳みの財布を使っていた頃、なんかお金がなかったなと思う。
お金がないというのはいったい何なんだろうと思う。
お金がないことによっていろんな不自由がある。
小さいころからお金がない事にはずっと慣れてきたけど、
今は本当にお金が欲しいとおもう。
風水でいいお金が貯まる財布websiteがあるらしいよ、
自分にお金の運が向いてきてくれれば
生活がもっと楽になるかもしれないと思う。

花のある生活

花のある生活って本当に潤いがあると思いませんか?いつも、綺麗なピンクのガラスの一輪挿しに、何かしら花を飾っておきたい乙女心があります。
でも、いつも花を買うのも家計を圧迫するわね・・・と、悩んでいた私。花なんてそんなに高いものでもないんですけどね。
それで、今回花を育ててみることを決心しました!というより、お店でひまわりの種をいただいたので、植えようと思っただけなんですけど。小さな鉢に種を植えて、うきうきと眺めています。
一つ芽が出たかと思うと、続いてじゃんじゃん発芽。今7つの芽があります。そのうち間引きをしなければいけないけど、全部可愛くて、相変わらず悩んでいる私でした。

病気に対する理解

今の日本は非常にストレスに理解の無い社会となっています。生活をする上で仕事をしなければいけませんが、ストレスはそこで溜まってしまうものです。仕事のストレスにより体調を崩してしまった人に対するケアの無い日本は一度、ストレスによる体調不良を起こすと生活をすることが難しくなっています。退職をしたとしても、次の職場を見つけることが難しく、精神的な病気に対する理解が浸透していない世の中ですので再就職は難しくなります。そのため、生活をする収入を得ることが難しくなってしまうことが現状にあります。もっと病気に対する理解があればいいですね。

家族の写真

居間の壁に家族の写真を貼りまくる妻。
約10年位前から始まりました。
長女が結婚した時から、結婚式の写真を貼ったのが最初です。
それから孫の写真と次から次へと増えて行きました。
最初は違和感を覚えましたけれども、今ではすっかり慣れてしまって全く気になりません。
そして、30枚に達しました。
本来、居間の壁は綺麗な壁紙の一面が広がって、落着きを醸しだすのだと思います。
そこに大小様々なカラー写真がべたべたと貼られているのです。
1年もするとほどんと気にならなくなりました。
時折、壁に向かった時に孫の写真が見えて、懐かしくなり次から次へと見て行くのです。
それから、しばらくはごく普通の壁のように全く気にならないのです。
お客さんが来て、居間に案内して最初に驚くのはその写真を目にした時です。
見た瞬間に驚くのです。
その次に、我が家族の記念写真を一通り見て、家族の様子を感じ取ってくれるのです。
これは、意外な壁写真の効果です。
妻は1年に数度、写真の貼り替えをし、妻なりに楽しんでいるのです。

大人の肌には

シミとかカバーできるファンデーションは江原道 化粧品で、伸びが良くなかったら使えないし、きれいに毛穴とかも見えなくなってもらえるんだったらほんと化粧品としては手放せないからね。大人の肌には必須。

仕出し

ちょっとした仕出しの料理を頼んでいるおせち 通販お店で、実家はかならずといっていいほど、オードブルだの、寿司だの刺身だのも頼んでいるけど、どれくらい需要があるのかなって何時も思う。

夕食を兼ねて

打ち合わせで、夕食を兼ねて集まった店でうまいふぐ通販鍋があるんだよ、っていわれても、やっぱり仕事の打ち合わせがあるからもったいないよ。でも今度キチンと食事するときにまたこようと思う、美味しい刺身にも心惹かれるから。

目にはほんと、気を使う

眠くなるとめがごろごろして瞼がいまいちちゃんとうまくしまらないような感じ。ドライアイなのかな。昔からものもらいが出来たり、目が充血したりしやすいし、
目にはほんと、気を使うんだ。

オート三輪

昔はオート三輪なんてトラックもあったんだよ、そういいながら親父はハンドルを握る。
仕事終わりの高速道路の法人ETCカード走行車線で、
昔話をしながら、仕事の変遷を話してくれる。アクセルを踏んで、トラックは走る。
もう昔みたいに、のんびり走れる時代は来ないのかね。

あんまりつづくと

焼き肉はあんまりつづくと飽きてくるんだよっていったら友達が松阪牛食ってみなよって料理してくれた。食べる前はあんまり気が進まなかったんだけど、確かに食べた後の感じが、単なる焼肉とは全然違った。いいお肉って言うのはまるで違うものなんだな。

タバコごときで

やっぱり子供の前ではイラついてタバコを吸う姿はかっこ悪い。
余裕を持ってタバコを喫煙するならまだしも、
この際禁煙してしまったほうが、
今後の自分の為にも子供のためにも、いいとおもう。
それにタバコごときで、右往左往するのももう疲れたし。

靴は、いいな、と思うのは確実に高い。服でもそれはいえるかっも知れないけど、
靴はあんまり安いのは避けているので、いいと思うデザインの靴を買うのだけど、これがかなりの値段になってしまう。
もちろんカードでクレジットカード 即日発行精算してしまうので、
その場で現金を使うわけではないけど、金額に見合った靴名のかどうか、心配になる事もある。
私は今ではクレジットカードをよく使いますが、それでも以前はクレジットカードを持つと使い過ぎたり、いらないものをたくさん買ってしまうのではないかと少しは考えています。
使い過ぎでしまうというのはクレジットカードの買い物は後払いで買い物ができるということから言われていると思いますが、このことがクレジットカードを持たない人の持たない理由の大きなものとなっているようです。
しかしながら、クレジットカード利用してみて思ったのは、クレジットカードを利用して使いすぎるということは自分に関してはほとんどないということです。
私は無精者なのでこずかい帖や家計簿はつける習慣がありません。なのでクレジットカードの利用額ははっきりとはあくしているわけではありません。しかし、クレジットカードの請求書とみるとたいていは自分が思っていた金額よりも少ない金額となっています。使過ぎてはいけないという思いが使うことにブレーキをかけているのだと自分では考えています。
そのうえ、一度だけかなり使いすぎたことがありましたが、そのあとの数か月はクレジットカードの利用を控えて現金で決済をして、それからますます警戒して使い過ぎはしなくなったようです。"